こんにちは!
FP ひさみんです^_^
FP (日本FP 協会認定AFP)×
元大学受験進学アドバイザーです。

前回のコラム
「親は国公立進学を希望しているが、自分が進学したい大学が、私立大学のあなたへ」
https://koko-sei.com/universitypublicprivate/

には、多数のコメントや、メッセージをいただきました。ありがとうございます(^^)
その中の一部、「医学部の学費の解決策」に関しては、別途インタビュー記事も予定しています。ご期待ください。

今回は、「動物のお医者さんになりたい!獣医学科の場合」の注意点をシェアします。

<獣医学科は何年制? 医学部じゃないけど、意外⁉️と学費はかかります>

私が、獣医学科を志望する生徒さんを担当したときに、ままあった事例が、
「国公立獣医は不合格だったが、私立獣医は合格した」というケースです。

浪人し、念願の獣医学科(私立)に合格し、学費を支払う段階になって、保護者から「高い!」となり断念、併願していた農学部に進学、というケースは、ままありました。

私立医学部の学費は高い!というイメージは浸透していますが、動物のお医者さんは、学費が高いイメージがないのかもしれません。

ちなみに、
現在、文部科学省令による標準額では、
国立大学で
入学料28万2,000円
授業料が53万5,800円
初年度納付金
合計81万7,800円

某A私立大学獣医学科は
初年度納付金は、
入学金25万円
授業料231万7,000円
合計256万7,000円

参考 麻布大学公式サイトhttps://www.azabu-u.ac.jp/exam/tuition.html

獣医学部獣医学科は、医学部と同じく6年あります。

ご注意下さい。

注意点は、学費だけではありません。
進学後、「可愛いビーグル犬を解剖できなかった」と獣医を断念。
次年度は、高校の先生を目指し、教育学部を受験しなおした、なんてこともありました。
「犬が好きだから、獣医に」というスタートだったのですが…。

ライフプラン(人生の目標設定・人生設計)の中で、何を叶えたいのか。やりたいのか。

そのやりたいことを、「そのまま」実現するのではなくとも、

「叶えたいことの本質、想い✨」

に気がつき、その想いを実現することができたら。

幸せの実現に、一歩近づくのかもしれません。

【余談ですが】
先月、ご紹介いただき、
私や、高校生.comの仲間がYouTubeTVに出演しました。
「夕暮れモーモー」20分ぐらいから出ています。よかったら、見てくださいね。

#ちゃんみよTV