BE動詞の役割は?

What’s up? 鬼英語コーチ☆サヤコです!

前回はS=主部の重要性にフォーカスしましたが、今回は同じ位大事なV=動詞について見ていきましょう。中学校で英語授業が始まった時、最初に習った文法の一つがBE動詞の現在形だったと思います。例のam、are、isのことですね。そしてこのBE動詞を「〜です、〜います」と訳すように言われたのではないでしょうか。

これは間違いというわけではないのですが、BE動詞の本当の役割は「BE動詞の前と後ろにある単語を=(イコール)でつなぐ」ことです。つまり”I am a student.”は”I = a student.”。日本語に直すと「私は=1人の学生」となります。でもこのままでは日本語として成り立たないので「です」を付け加え、「私は1人の学生です。」という文にするのです。BE動詞も時制(現在・過去・未来)によって形を変化させる必要があるので、その点にはくれぐれも気をつけてください。

例:
We are happy. (we = happy) 現在
She was a teacher (she = a teacher) 過去

BE動詞と一般動詞の違い

中学校で BE動詞の次に習うのが一般動詞です。最初の頃はlikeやplayなどかなり基本的な単語を使うので割合スラスラ進むのですが、疑問文、否定文、三単現が出てくる頃から少しずつ苦手になっていく生徒さんも少なくありません。そしてこの段階でテストにまたBE動詞の問題が出てくると一般動詞とごちゃごちゃになってしまい、現在進行形を習うと余計訳がわからなくなる・・・こんなパターンを何度も目の当たりにしてきました。

この「動詞の壁」乗り越えるには、BE動詞と一般動詞の役割の違いを意識する必要があります。そして私は通常、BE動詞と一般動詞の違いをこのように説明しています。

BE動詞は「be」、一般動詞は「do」。

BE動詞は「いる・ある」、一般動詞は「する」。

BE動詞は「状態・性質・存在」、一般動詞は「動作」。

BE動詞は前と後ろの動詞を「=(イコール)」でつなぐ。

一般動詞は通常、日本語にすると「〜ぅ」で終わる。

BE動詞の例:
I am sad. (状態)
You are nice.(性質)
He is my father.(存在)

一般動詞の例:
I play tennis.(プレイするぅ)
We like cats. (好むぅ)
They live in Hokkaido.(住むぅ)

・・・こんな風に分類すると、何となく違いがわかってきませんか?ここまでお読み頂いてありがとうございました!次回もお楽しみに!



「高校生のための英語ペラペラ道場」、Part 4はこちらから!

鬼英語コーチ☆サヤコ制作の単語動画です。チャンネル登録して頂けるととてもうれしいです!