21世紀型の幸せ人生の学び方・育て方①大事にしたい3つの柱

予測不能な未来を幸せに生きるには?

皆さんはどんな大人になりたいですか?

2020年7月現在、世界全体がコロナ防疫と自粛ムードで混乱しているこの状況は、半年前には予想もしていなかったことです。
この先どうなるのか、もっともらしいことを言う大人をたくさん見掛けるかもしれませんが、未来を完全に予測できる人なんてどこにもいないのです。大人にだって本当は予測不能なのです。

ましてや高校生の皆さんは、さまざまな情報が溢れる中で、どんな未来を思い描いていまを生きていけば良いのか、迷うこともたくさんあるだろうと思います。未来のことなんて考えられない、という気持ちにもなるかもしれません。

でも、その不安は、実は皆さんの「限りない可能性」とセット、つまり、未来が無制限に拓かれていく可能性があるからこそ、付きまとうものです。
ですから、不安に思うことを否定する必要はありません。
それよりも、もっと大事なのは、その不安に呑まれてしまうのではなく、自分をしっかり掴んで、見失わないことです。

眠っている潜在力を起こして引っ張り出そう

誰にも予測できない世界を生きていく私たちは、何を目標にして、どのように生きていったらよいのでしょうか。

未来が分からないからと言って、投げやりになっていてはもったいない。大切なのは、たとえこの先どんな世の中になったとしても生かせる力を見つけて伸ばすこと、それを駆使して一人一人が自分らしく、幸せな人生を歩んで行けるようになることです。

そのためにはどうしたらよいでしょうか?

「どんな人も、生まれながらに幸せに生きるために必要な力を持っている」

ー30年前、大きな挫折を味わい、暗いトンネルの中にいた時に私を導いてくれた言葉を皆さんにも送りたいと思います。

その「幸せに生きるための力」のほとんどは、まだ皆さんの中で眠っていて、皆さんが起こしてくれるのを待っています。ぜひそれを自分で見つけ出して起こしてあげて、最大限に駆使してください。そして、ぜひ幸せ人生を歩んでほしいと思います。

大切にしたい3つの柱ー幸せに力を育てる

では、どうやってその「幸せになる力」を見つけ出したらよいでしょうか?

いろんな方法がありますが、私がこれまでの経験からとても大切にしている3つの柱となる力が以下です。

  1. セルフ・エスティーム(自尊感情):自分を大切に思える力
  2. コミュニケーション:人とコミュニケーションし合う力
  3. 協力:人と協力し合える力

この3つの力を育てることで、どんな世界、異なる文化・社会の場でも、胸を張って笑顔で元気に生きていける地球人になれる、としたもので、これはグローバル教育の三つの柱でもあります。

そして同時に、これらは皆さん一人一人が自分の中に眠る可能性を見つけ出して伸ばすためにも、とても重要な力でもあるのです。

次回以降は、この3つの柱となる力について順にお伝えしていく予定です。どうぞお楽しみに!

永堀宏美