自己肯定感って何?

皆さんは、自分のことが好きですか?嫌いですか?

もし、「自分の、こんなところは好きだけど、あんなところはあんまり好きではない」とか、「自分の好きなところなんて、あんまりない」とかいう人がいたら、ぜひ、このまま続けて読んでください。

「自分のことが好き、自分に満足している」この感覚を「自己肯定感」と言います。
実は日本の子供は、他の国の子供たちに比べて、自己肯定感が低いという調査結果があります。

なぜこんな話をするかというと、実は、自己肯定感は「幸せを感じる力」に直結するからです。

人は皆、幸せになりたいと思って生きているはずです。アドラー心理学では、人が幸せを感じるためには3つの感覚が必須と言われています。
その3つとは、

・ありのままの自分が好き

・周りの人が信頼できる

・私は周りに貢献できている。

この中で、最もベースになるのが 
「ありのままの自分が好き」

つまり、自己肯定感です。自分のことが好きでないと、他の二つがあっても幸せを感じられないのです。

日本の教育、学校でも家庭でも、また、多くの会社でも、日本にいちばん欠けているのが、この自己肯定感を育むコミュニケーションだと思っています。

存在承認とは?

自己肯定感を育むためのコミュニケーションのベースに必須なのは、
『存在承認』です。

何かができるから、自分の役に立つから、人をほめたり受け入れたりするのではなく、
人を「ありのまま、まるごと受け入れる、尊重する」ということです。

「あなたはあなたのままで素晴らしい」

「あなたが居てくれて助かったよ、嬉しいよ」

「生まれてきてくれてありがとう」

子供に対しても大人に対しても、こういう声かけがよく行われる家庭や組織では、人は安心していられます。なぜかというと、自分自身をよく見せようと取り繕ったり、言い訳しなくてもよい、つまり、「素の自分」でいられるからです。

素の自分でいられる安心感があるかどうか。これは、その人の幸せに、絶大な影響力があります。

「こんなことを言ったら馬鹿にされるのではないか?」「失敗したら責められるのではないか?」

そんな不安を感じていては、人は本来持っている才能なんて発揮できません。ましてや、のびのびと新しいことにチャレンジなんて難しい。
新しいことにチャレンジすることこそ、学びと成長につながります。学んで成長することは、人間の根本的な喜び、つまり幸せの要素のうちのひとつです。

日本では、大人も子供も、存在承認をするコミュニケーションが欠けています。なにかができたときだけ褒められる、そんな条件付きの承認しか知らない人も多い。多くの大人たちもそうです。
これは日本の教育の大きな問題でもあり、多様性がまだまだ尊重されていない日本社会全体の問題でもあります。

それでも、だからといって、自分の不幸を社会のせいにして、たった一度の自分の人生を不幸だ不幸だと言いながら生き続けるのは嫌ですよね?
自分だけでも自分のことをまるごと存在承認してあげましょう。自分はありのままで素晴らしい、と言い聞かせましょう。

もし、あなたの周りの大人たちが、こんな声かけとは逆の言葉ばかりあなたに言うのであれば、ぜひ、このサイトを親御さんに見せてください。このサイトの他の人の文章も合わせて読んでみるように勧めてみてください。

あなたは唯一無二の存在

実際、あなたはこの世にただ一人です。唯一無二の存在です。生きているだけで価値があるのです。あなたがいないと世界は大きく変わってしまうのですよ。

もし、この映画をまだ見たことがなければ、ぜひ見てみてください。できれば、ご家族や周りの人とも一緒に見てください。

「素晴らしき哉、人生」

米国では不朽の名作として、クリスマスから年末にかけて、かならずTVで放映される映画です。もし、自分が生まれていなければ…ということを考えさせてくれる、感動の名作です。

完璧な人間なんていない、人間誰しも失敗するし、長所と短所があるのがあたりまえです。長所だけの人や短所だけの人なんていません。
人それぞれ全く違う人間同士が、個々のデコボコに折り合いつけながら、強みを活かして周りの人や社会に貢献すればいいのです。

ぜひ、自分のことを唯一無二の存在として、

「いいところも悪いところもあるけど、これがわたし」

と丸ごと肯定してください。そして、誰になんと言われようと、自分を丸ごと好きでいるようにしてください。大事にしてください。

あなたが本当に自分を丸ごと大事にするようになると、不思議なことに、周りの人のことも大事にできるようになります。人は、自分を扱うのと同じように他人を扱うものなのです。

自分も含めて、どんな人でも、世界にただ1人の人間として、その存在を丸ごと素晴らしい、ということを意識の根底にもっておいてください。
実はこれだけでも、徐々にあなたの人生は幸せな方向に向かっていくはずです。

『自分をまるごと好きになり、そして大事にする』
幸せな人生を生きるための第一歩です。皆さんは、本当にひとりひとり素晴らしい存在。生きている価値があるのです。これだけはぜひ覚えておいてください。