「将来は何になりたいの?」と親や先生に聞かれても、そもそも大人と話す機会があまりないし、どんな仕事が自分に向いてるのかピンとこない・・・。このコーナーは、そんな高校生たちが進路を選ぶ時の参考になれば、との願いから誕生しました。

ゲスト:乗松雄大さん 
職業:研究者×皮膚科医

今回のゲストは前回に引き続き、私ひさみんが前職の大学受験予備校で担当したクラスの生徒さん、乗松雄大さんです。灘高校卒業後、浪人生活を経て東京大学理科三類に合格。東京大学大学院で博士課程を修了し、現在は、国際医療福祉大学成田病院で皮膚科医として勤務されています。

博士課程を修了!

avatar
ひさみん
前回のインタビューから、大変ご無沙汰しています!その後、いかがですか?何か大きな変化はありましたか?
avatar
乗松先生
こちらこそ、ご無沙汰しています。無事博士課程を修了し、学位を取得しました。今は国際医療福祉大学成田病院で、助教として勤務しています。
avatar
ひさみん
すごいですね!おめでとうございます!
avatar
乗松先生
ありがとうございます。
avatar
サヤコ
乗松先生の努力の賜物ですね!本当におめでとうございます。本日は、どんなお話を伺えるのでしょうか? 
avatar
乗松先生
ここ数年で新型コロナウイルスの蔓延や専門医制度の変化など様々なことがありました。ほんの数年違うだけで経験することが大きく異なることもあるのだなと痛感しています。
avatar
ひさみん
なるほど。いろいろと状況が変わってきているんですね。
avatar
乗松先生
また、価値観も人それぞれなので人によって言うことが異なるかもしれませんが、私、つまり日本の臨床医および博士号を取るために大学院に行った一人の医師が見てきた世界っていうのを、お伝えしていくことはできるかなと思います。 
医局でバースデーをお祝い!

東大医学部は日本でも異色?

avatar
乗松先生
今回も高校生向けなので医学部の話からしますね。
お医者さんになるためには、医学部医学科がある学校に行く必要性があります。日本だと国立、公立、私立の3つの選択肢があります。
avatar
サヤコ
医大でも3種類あるんですね。
avatar
乗松先生
僕はたまたま数学を中心としてそれなりに成績が良かったので、灘高から東京大学の理科三類に入って医学部医学科に進学してお医者さんになった、というコースを歩んでいます。
 
東京大学の特徴としては、入学するのが医学部医学科ではなくて理科三類というところですね。教養学部理科三類なので、最初から医学部医学科ではない訳です。 理科三類に入学したけれど、医学部医学科に行かない方もいます。ですので、東京大学は、全国の中でも少し変わったシステムを取っていることになります。
avatar
ひさみん
東大の進振り制度ですね。(注 入学後、2年前期までで一定以上の成績があれば、志望した学部学科に進学できる制度。誰でも好きな学科を選べるわけではないので、ご注意下さい。)
avatar
乗松先生
これに関しては色々な意見はあるんですけれど、メリットとしては1年間教養学部理科三類をやった後で医学部に進むので、教養をちゃんと学ぶ機会があることです。この時期に自分の好きなことを見つける時間が取れるのはとても大事だと思います。
avatar
サヤコ
確かに。受験直後に大学で自分の好きなことを見つけられる時間を与えられるのはいいですよね!
avatar
乗松先生
1日に1時間半の授業が最大6コマ、それが週5日あるので、まあ最大で30コマ入れようと思えば入れることができますが、そんなことをすると体が持たないですし試験が大変になります。まあ、そんなことをする人はめったにいないですが。
avatar
ひさみん
授業の調整も大切なんですね。
avatar
乗松先生
スケジュールの調整は概ね自分でできます。1年生のうちに頑張って授業を受ければ、2年生の前半は1週間に2コマから4コマで、週に1日か2日大学に行けばいい、っていうことも可能です。部活に励むもよし、資格を取るのもよし、遊んでもよしです。大学の授業以外のことに打ち込むことができる時間が取れるのが、東大の最も良い所かなと思います。
avatar
サヤコ
そうなんですか!?東大生って、ずっと勉強しているようなイメージがありますが・・・。
avatar
乗松先生
勉強する時は勉強するし、遊ぶ時は遊びます(笑)。オンとオフを切り替えるのが上手な人が多い印象です。
一方で、その時から研究室に通って時間をかけて真面目にしっかり研究して、4、5年かけて論文をまとめたという同期や先輩、後輩もいます。真面目にやろうと思えばどこまでも真面目に、世界最先端の研究に触れることができますからね。
つまりとても自由度が高い学校であるというのが、東大の特色かなと思います。 
avatar
ひさみん
そうなんですか。 それはとても意外です。
avatar
乗松先生
今は、 私の時代からは少しカリキュラムが変わったと聞いていますけどね。実習とかのタイミングが前にずれ込んでいるらしいです。私の時代だと3年生の間に基礎医学をやって、4年生から臨床の演習をやって実習を回ってみたいな、そんな感じだったという風に記憶しているんですが。
avatar
サヤコ
それには何か理由があったのでしょうか?
avatar
乗松先生
実は国際基準が設けられて、私たちの時代のカリキュラムだとそれを満たさなかったそうです。だから実習の期間が長くなったとは聞いています。
avatar
ひさみん
一口に医学部と言っても、時代とともに色々と変わってるんですね。
2020年4月新型コロナウイルス専門病棟派遣時

国公立より安い私立大学!?

avatar
乗松先生
私が今勤めている国際医療福祉大学は、2017年に新しくできた大学なので色々な意味でオススメです。医学部の受験の中でやっぱり最もネックになってくるのが学費かなと思います。国公立でも昔に比べたら高くなっていて、今では年間で50、60万円ぐらいになっています。昔は自分でバイトして学費を払っていたという人も多かったと聞いていますが、今の世代だと相当大変です。
avatar
ひさみん
確かに。学費はいつの時代でも、受験生と親御さんの悩みの種ですね。
avatar
乗松先生
私立だと今まで一番安いと言われていた慶応が、年間360万円ぐらいです。6年間で約5千万円もかかる学校さえあるそうです。
avatar
サヤコ
5千万円!?回収するのが大変ですね!
avatar
乗松先生
はい。医学部受験について親に話す時、やっぱり自分の実力だけじゃなくて学費がネックになる場合もあると思います。国際医療福祉大学には、約半数もの学生さんに適応される特待生制度があります。それを使うと、入学金免除なのに年間50万円になるので、国公立よりむしろ安いんですよ。来年の入試からは、6年間の学費が全額無料となる奨学金制度も新設されました。
avatar
ひさみん
それは耳寄りな話ですね!成田空港の近くなんですよね?
avatar
乗松先生
はい。京成本線「公津の杜」という駅の目の前にあり、成田空港から約15分くらいです。医学部医学科は国際医療福祉大学の成田キャンパスに、2017年に開学したばかりなんです。だから知名度はまだ低めで知らない人も多いんですけど、下調べをきちんとしている優秀な学生さんがどんどん入ってきていますね。学生の7人に1人が留学生であることや、1~2年次に多くの授業を英語で行い、6年次には海外臨床実習が必修であることなど、将来海外でも活躍できる医師を育成しています。
だから今後人気が上がるのは確実ですし、偏差値に関しても、あと数年で色々な大学を抜いていくと思います。
avatar
サヤコ
じゃあ、今受験しておくとお得かもしれませんね(笑)
avatar
乗松先生
その通りです(笑)
以前の外勤先の看護師さんたちとパチリ!

Part 3に続く・・・

乗松先生からのメッセージ

コロナ前後での医療の変化

私が大学を卒業して研修医になったのは2015年です。その時にはちらほらと新専門医制度がはじまるかもしれないという話はあったものの、漠然と上の世代と同じような医者人生が待っているんだろうなと思っていました。

2019年度終わりに新型コロナウイルスが世間でニュースになりはじめたときにも正直SARSやMERSと同じように自然に終息するだろうと思っていました。ところが、新型コロナウイルスは感染者数が増加する一方となり、2020年4月から東大病院でもコロナ病棟が立ち上がり、私もコロナ病棟へ派遣されることになりました。この新型コロナウイルス感染症はとても怖いです。はじめて実際の患者さんのデータをみたときの衝撃は今も忘れられません。

2022年7月現在もまだまだ感染者数は多い状況が続いていて、今度はサル痘という新しい感染症も出現してきてはいます。1人の医者として目の前の患者さんを精一杯診ることが自分の役割と感じています。

大学卒業の時点では予想もしていなかったような医療情勢となっていて、私の上の世代の医師とは若干異なる医者人生を歩んでいるように思います。

高校生の皆さんへ

高校生の皆さんが初期研修医を終わるまでには10年前後くらいの時間があるのでまた大きく世の中が動くと思います。

私が育ってきた期間でも家庭用PCや携帯電話が普及したり、切符からIC乗車券になったり、地震がたくさん起こったりまさに激動の時代だったと思います。その私の目からみても令和の高校生の皆さんはより強い変化にさらされている世代と感じます。様々な環境の変化があり、大変なことも多いと思いますが、皆さんに期待しています。 

最後の灘高校の柔道場に飾られている2つの言葉を送って終わりにしたいと思います。

「精力善用」「自他共栄」

乗松先生のブログはこちらから!