みなさんこんにちは!
子どもたちの育ちもお母さんの子育ても応援したい、児童精神科医のなおちゅんです。
どうぞよろしくお願いします。

突然ですが、女の子を子育て中のお母さんたちに教えていただきたいことがあります。
それは

「お子さんのPMSや生理痛など、月経関連症状にどう対応していらっしゃいますか?」

という疑問です。

女の子たちの月経関連症状が心配…

私は今、小児科の先生とふたりで子どものこころの診療を行うクリニックに務めています。
不登校や学校への行きづらさ、友達関係の悩み、勉強や部活の悩みなどなどいろいろ聞かせていただくのですが、そのなかに月経周期にあわせて不調になっている女の子たちが結構な割合でいらっしゃるのです。

お子さんご本人も、お母さんも、月経との関連に気づいておられます。

「生理前でしんどいから部活ムリと思って帰ってきた」
「試験週間なのに生理と重なって全然勉強に集中できないしイライラする」

などとお子さんたちは私にもお母さんにもはっきり話してくれるし、お母さん方も

「生理が近づくと家でも無口というか不機嫌というか…ああそろそろなのかな、と私にもわかるくらい」
「確かに娘はつらそうだけど、病気ってわけじゃないし、何日かしたら調子よくなるのはわかってるし」

と話してくださったりします。

たしかに、不調の原因は明らかだし、身体に何か異常があるわけではないのですが、女の子のQOLを大きく低下させる要因のひとつであるのは間違いなさそうです。

産婦人科を受診をおすすめするけれど

いくら病気ではないとはいえ今の状況が毎月繰り返されるのはあまりにもつらいだろうと感じたときには、産婦人科への受診をおすすめするようにしています。

もともと産婦人科受診も検討しておられてあっさり受診される親子もいらしゃって。
漢方薬やピルを処方してもらって症状が楽になったというお声をお聞きするとホッとします。

でも。
10代で産婦人科に足を踏み入れるのは抵抗があるというお子さんもいらっしゃるし、
10代の娘を産婦人科へ通わせるのはちょっと…とおっしゃるお母さんもいらっしゃいます。

もちろん、そのお気持ちもわからなくはないのです。
私だってもしも10代のときに産婦人科受診を勧められたら、たぶん行きたくなかったですもん。

お母さんたちのお声をお聞かせください!

そんなわけで、私が診察室で産婦人科受診をお勧めするときも「無理にとは言いませんが…」とちょっと控えめになってしまいます。

専門医を受診したほうが詳しい検査もできて安心と思う反面、そこまでしなくても症状を和らげる方法があるならまず試していただいたほうがいいのかなとも思って、ちょっと迷いが生じるのです。

お子さんのPMSや月経困難で産婦人科の受診を考えたことのあるお母さんに、ぜひ教えていただきたいのです。

連れて行ってあげたことがある場合、受診してよかったこと、あるいは逆に受診させなければよかったと思われるようなことがあればお聞かせいただけたら嬉しいです。

連れて行きたいけど迷っているという場合も、産婦人科受診に関するお悩みをぜひお聞かせください。

Twitterでもアンケートを実施してみますね。

Twitterアンケートはこちら

もちろんブログのコメント欄に書いていただいてもとてもありがたいです。
どうぞよろしくお願い致します!

P.S. 『児童精神科を受診しようか迷ったら読む本』、好評発売中です
Kindle Unlimited会員のかたは無料でお読みいただけます。
画像をクリックするとAmazonのページへ飛びます。